血糖値トーーク

一気に年寄りくさくなりましたが、実際に年寄りなんでしょうがない。

血糖値について。血糖が高くなると、色々な問題が起こります。
血管が老化して硬くなる。あまり高いと失明する。四肢切断。多臓器不全。その他。

それを未然に防ぐためには、血糖値を日常的に把握しておかないといけないんではなかろうか。
そう考えて、病院で使われていて、良さそうだなと思った血糖値測定器と同じものを通販で買ってみた。

しかし、血糖値を測定するのに必要な機器が全部ネットで揃う訳ではない。
調べてみると、センサーと呼ばれる紙が入手不能
ネット上の薬局でも、この商品に関してのみ「店頭のみで販売」と書いてある。

仕方がないので、調剤師がいる近所の薬局に行った。
そこにいた薬剤師さんに聞くと、その商品は調剤室のある薬局じゃないと手に入りませんよ、とのこと。

そんな訳で、購入してきました。ちなみに、その薬局自体には在庫がなかったんですが、
取り寄せで翌日昼には入荷してました。

ジェントレットII(穿刺器具。ブスっと刺すやつ)1本 ¥2,000
ジェントレット針(針。使い捨て)30本入 ¥600
ワンショットプラスP(使い捨ての消毒綿)100包入 ¥600
グルテストNeoセンサー(測定用の紙)30枚入 ¥3,500

すべて消費税込。合計¥6,700

一回あたりの測定費用を出すため、今回購入した商品1回あたりで計算してみる(測定器本体は含んでいません)。
穿刺器具 適当に100回使えると計算して、1回あたり ¥20
針 1本あたり ¥20
消毒綿 1包あたり ¥6
センサー ¥117
合計 ¥163

いやー、センサーが飛び抜けて高い。

ネット購入とくらべてどうかな、と思ったんですが、
25枚入 ¥3,600(1枚あたり ¥144)
30枚入 ¥4,298(1枚あたり ¥143)
少し安めです。

ただし、血糖値測定器本体を購入するときにミスを犯してまして、本体+穿刺器具+針のセットだと、¥2,058の差額で入手可能だったんです。
ここに¥2,600を支払ったことにより、¥542の損という……もったいないことをしたなぁ……