映画とワタクシ

一番最初に映画を見に行ったのは、おじいちゃんが家族を連れて行った「E.T.」だったと思います。
記憶によると小学校1年生のときだったような気がするのですが、'82年日本公開なので、小学校3年生(9歳)のときのようです。
次に映画に行ったのが、「スヌーピーチャーリー・ブラウン」(同時上映:少年ケニヤ)でした。
自分で前売りチケットを買って、一人で見に行ったのか……あれ?記憶にございません。
'84年上映となっているので、11歳、小学校5年生ですね。

と、調べてみると、なんか記憶が混乱してきました。
うる星やつら」の映画を兄弟3人で見に行った覚えがあるのですが、「うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー」は'84年2月上映で、前述の「スヌーピー」より前っぽいです。しかも、同時上映の「すかんぴんウォーク」というのは記憶にありません。
……と思ったら、「すかんぴんウォーク」の主題歌が「モニカ」でした。あぁ、じゃあ記憶にあるわ。

ついでに、柴田恭兵の出てくる「ち・ん・ぴ・ら」も見た記憶があるのですが、これも'84年公開作品です。11歳でこんなの見るかな?

さらに、風間杜夫主演の「上海バンスキング」も記憶にあるのですが、これもまた'84年公開作品。あああ、本当に大丈夫か、俺の記憶。

さて、'84年上映作品ではこんがらがってますが、その後に見た映画はほとんどありません。
同級生に連れられて見た「幕末純情伝」('91年公開、18歳)、タダ券がもったいないという理由で見に行かされた「クライシス2050」('90年公開)くらいです。ただ、最後に見に行ったのが「クライシス」の方だという記憶があるので、最初の公開時じゃないような気がします。いずれにしても、映画を見ること自体が10年以上ぶりくらいという、まさに「ヒキコモリ」の面目躍如という感じの映画遍歴です。