アクセルホッパー

最近のお笑いブームを見るにつけ思うのは、「頑張ってるなぁ」ということ。
確かにお笑いはブームだけど、それだけに競争が激しい。
そういう意味では、ネタが面白いとかつまらないとかの前に、誰かの目に留まることが重要になってくるんだろうなぁ……
オールドスタイルなお笑いで活躍しているのは「タカアンドトシ」くらいで、あとはみんな目立つために色々とやっている。
カンニング」(キレ芸)
レイザーラモンHG」(見た目)
長州小力」(見た目&動き)
「摩邪」(見た目)
小梅太夫」(見た目&絶叫&動き)
波田陽区」(ギター)
「テツ&トモ」(ギター)
笑い飯」(スタイル)
オリエンタルラジオ」(スタイル&動き)
ダンディ坂野」(一発ギャグ&スタイル&見た目)
桜塚やっくん」(スタイル&見た目)

そんな中で、ひときわ目を引く新しい芸人さんが先々週から登場している。
アクセルホッパー
永井佑一郎という吉本興業所属の芸人で、アクセルホッパーはエンタ登場時の名前(まちゃまちゃ→摩邪)とのこと。
ダンス★マンちっくな風貌でおバカなネタを披露。最近は1〜2ヶ月という短いスパンで摩邪→小梅太夫桜塚やっくん、と押し芸人を変えてきているエンタなので、彼もどこまで出番があるか分かりませんが、頑張って欲しいものです。
そういえば、ここ最近でオリエンタルラジオのネタに対する「飽きの空気」が急激に充満してきましたね。